高齢者のむくみは日常生活に原因があるかもしれない

お年寄りの足をみると、びっくりするくらいむくんでいた!なんてことはありませんか?

 

高齢者の方で足のむくみで悩んでいる方は多いと思います。

 

若い方に比べて高齢者の方のむくみは深刻なケースが多いです。

 

むくみを見つけると、まず腎臓や心臓の病気を疑いがちですが、じつは日常の生活の中にその原因が隠れていることも!?

 

そんなむくみのメカニズムに迫ってみます。

 

むくみの原因

 

人のからだの60%が水分といわれています。この水分は「体液」といわれ、細胞の中にある水分と細胞以外にある水分に分かれています。

 

むくみは、その中でも細胞外にあり、細胞と細胞の間に存在する水分がなんらかの原因によって異常に増えることで生じます。

 

むくみを起こす原因には様々なものがあり、病気でなくても日常的によくみられる症状でもあります。

 

足のむくみは病気ではありませんが、そのまま放置しておくと日頃の疲れが取れなかったり、免疫力の低下を引き起こす可能性があります。

 

ただし、むくみも病気が原因でむくみを引き起こしている可能性があるので、気になる方は医師に相談する事をオススメします。

 

特によくみられる原因は、年齢とともに筋力の低下・手足の冷え・血行不良・疲労・寝不足による顔面のむくみ、運動不足や長時間の立位、座っている時間が長いなどの原因が挙げられます。

 

また、塩分の取りすぎもむくみを誘発します。

 

病気のむくみの見分け方

 

病気によるむくみには、大きく分け腎臓と心臓の異常に分けられます。

 

腎臓の場合は慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全の危険性が考えられ、特徴としてまぶたやむこう脛にむくみが生じやすい傾向にあります。

 

一方、心臓の働きが低下する「心不全」でもむくみが起こりやすく、下肢や足の甲にむくみがでやすくなります。

 

むくみの対処法

 

むくみといってもいったいどういう状態がむくんだ状態なの?と思われる人もおおいのではないでしょうか?

 

むくみを確認するには、まず指の腹で皮膚を約10秒押したあと、指を離します。押した部分がすぐに戻らず、くぼんだままでしばらく時間が経たないと元に戻らないという状態であれば、むくみがみられる証拠です。

 

もしむくみを確認したら、尿量や体重、脈拍などの全身状態のチェックを行い、極端におしっこの量が少ない、脈が弱いなどの明らかな異常だけでなく、なんだか顔色が悪いなど些細な異常でも、即医療機関へ受診をしましょう。

 

さまざまな方に効果があったむくみ解消の例をご紹介します。

 

リハビリを日頃から行っている方は、日頃のリハビリをいつも以上に頑張って解消された方もいます。

 

たとえば歩行訓練を頑張って行い、施設内を行ったり来たりしたりと2~3往復だけでも効果があるようです。

 

また足湯も効果があるようです。足首くらいまでお湯につけて、足をじんわりと温めていいます。

 

足の下から温めるので血行が良くなり、身体全体がポカポカしてきます。

 

毎日、行うのは難しいので週に1回から2回、行うのがいいでしょう。

 

足湯は継続する事で効果が出ます。足湯の後はマッサージを行う事で、さらに効果がでます。

 

毎日、継続的に行って足のむくみを改善しましょう。

 
全身状態に異常がない場合は

 

むくんだ皮膚はとてもデリケートなため、摩擦や刺激を避けて清潔を保つ


下肢のむくみには、ベッドの足元を上げる、枕を足元に当てるなどをして足元を挙上する。


ゆっくり風呂に浸かりからだを温める


むくんだ部分を体の先から中央にかけてさするようにマッサージする

 

足のむくみを解消するには、マッサージが効果的です。

 

マッサージというと揉んだり叩いたりするイメージだと思いますが、むくみに効果的なマッサージは、撫でるようにしてリンパ液の流れを改善するリンパマッサージの事をいいます。

 

リンパ液にはむくみの原因にもなっている老廃物を運搬する働きがあります。

 

むくみ解消のマッサージのやり方

 

むくみの原因も分かったので今からマッサージの方法を紹介します。

 

まず両手をひざの両側に軽く当てて、足の付け根にあるリンパ節に向けて、太ももを優しくなで上げます。

 

始めは太ももの表側から行いましょう。そして太ももの裏側も同じようにマッサージを行います。

 

次に足首付近に両手を当てて、ひざに向かって下から上に撫でます。

 

ふくらはぎも同じように下から上に撫でます。

 

そして最後に、足首付近から足の付け根に向かって下から上にそっと撫でます。

 

この二つの動作を左右10回程度すつ行うのがいいでしょう。

 

自力でマッサージを行える方には上記の方法をオススメします。

 


高齢者の方は認知症であったり寝たきりの方や歩行が一人では難しい方などさまざまな方がいます。

むくみの解消は高齢者の方、一人ひとりにあった方法で行うのがいいでしょう。