高齢者と喫煙の関係

いつまでも健康で長生きしてほしいと考えると、高齢者で喫煙をしている人に対しては出来れば喫煙を控えてほしいと考えているご家族の方も多いと思います。


ニコチンによる中毒というのもありますので、やめようと思ってもなかなかやめる事が出来ないというのが現状だと思います。

 

喫煙者が気をつけたい病気

 

ただ、高齢者の喫煙となると多くの割合で若い頃からの喫煙をしていたという長い喫煙歴の人が多くいますのでその分、注意しなくてはいけない疾患もあります。


その一つで注意しておきたいのが「COPD」と呼ばれるものです。


日本国内では慢性閉塞性肺疾患と呼ばれています。


喫煙しているご高齢の方で息切れを良くするという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

COPDはどんな病気?

最初は軽い息切れなんだろうな、ぐらいで済ませてそのまま様子を見てしまうことが多いです。


ただ、COPDの場合は肺の炎症が段々と慢性化していくという特徴があります。


炎症があまりにも長く続いてしまうと、段々と肺の通常の機能が出来なくなってしまいます。


体に酸素を届ける役目も出来なくなってきてしまうという症状になりますので厄介です。


どちらかと言うと肺気腫と慢性気管支炎が一緒になったような病気といった感じでしょう。


進行が遅いのであまり気がつきにくいのですが、これはおかしいかも?と思った時にはかなり症状が進行してしまっている事も多いのです。

 

・ちょっと息切れするようになった
・咳やたんが止まらない

 

といった症状が出ているなと感じている人はCOPDを疑って医療機関で検査などをした方が良いでしょう。

 

このCOPDの症状が出ている患者さんの9割が喫煙者だといわれています。


特に高齢者の場合、特に問題がないと感じていても急に重症化してしまう事もありますので、高齢者の喫煙というのは非常に深刻な問題ともいえます。


禁煙をするように努力はした方が良いでしょう。

 

禁煙はもう遅い?

高齢者の方の場合「もう年齢が年齢だから関係ない」と考えて喫煙されている場合もありますが、高齢の段階でも禁煙をすることで死亡リスクが減るとも言われているのです。


喫煙は心臓、肺などの疾患も発生しやすいのは知られています。


それに喫煙が原因で認知症のリスクも2倍になってしまうという報告もありますので禁煙する事はメリットが多いのです。


なので禁煙はもう遅いと考えないで、今からでも禁煙をするように、ご家族の方も一緒に協力して取り組んでみると良いでしょう。